既婚男性 指輪 外す

既婚男性が指輪を外すのは?

5、 既婚男性が指輪を外すのは?

 

結婚して家庭を持っている男性が結婚指輪をしていないと、「あれ?」と感じてしまうことがありますよね。その驚きから家庭でうまくいっていない、奥様への気持ちが冷めているなどと疑いを入れたくなることがあるかと思います。

 

また、何らかのきっかけで親しくなった男性が結婚指輪をしていないので、これからもっと関係を進められると思いきや既婚なのが分かって、ショックを受ける女性も少なくありません。相手の方からもそんなアプローチを受けていると、「そういうことなら最初から伝えて欲しかった」と文句の一つも言いたいことでしょう。

 

では、既婚男性が指輪を外すのにはどんな意味があるのでしょうか?

 

ひとつめは、特にこれといった理由がなく外す場合です。結婚しているからといって全ての男性が結婚指輪をつけているとは限らないものです。指輪は気軽に付けられるように見えて結構当たると怪我などを招きやすいものです。そのため、子供の相手をする教師の方などは結婚していても指輪を外している場合が多いです。また、指輪の感触が苦手でわざと外している既婚男性もいます。サイズが合わなくなったなどの理由から外すこともあるそうです。

 

ふたつめは、下心があって結婚指輪を外す場合です。こちらは、家庭がうまくいっていなくて外してしまう、ということが多いですね。女性に分かりやすいように指輪を外してほかの恋愛を探しているアピールをすることもあるそうですよ。これに関してはいつも付けていたのに突然外す、というわかりやすいアピールとなります。

 

既婚男性が指輪をしていない原因を見極めるには、いつも指輪をしていないか、一時的に外しているだけなのかを把握する必要がありますが、いつでも男性の指を見ているわけにもいかないのが難しいところですね。これから親しくなっていくには、やはりコミュニケーションを取って相手の状態を探るしかないでしょう。難しいとは思いますが、怪しまれない程度に相手のことを調べていってくださいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加